Wi-Fiルーターによって通信回線が遅い?Wi-Fiの通信が遅い原因は?

Wi-Fiルーター
Pocket

Wi-Fiを利用していると時々通信回線が遅いときがありませんか?

 

 

せっかくWi-Fiを利用しているのに通信回線が遅いとイライラしてしまいますよね…

 

 

Wi-Fiの通信回線が遅い原因としてWi-Fiルーターが影響していることがあるのはご存じでしょうか?

 

 

また、本当にWi-Fiの通信回線が遅い原因としてWi-Fiルーターが影響しているのでしょうか?

 

 

Wi-Fiルーターが原因となっていることがあるか調査しました。

 

 

早速、調査結果について紹介していきましょう!

 

 

Wi-Fiの通信回線が遅い原因

Wi-Fiの通信回線が遅い原因としてWi-Fiルーターが影響しているのか調査しました。

 

 

調査した結果としてWi-Fiの通信回線が遅い原因としてWi-Fiルーターが影響していることがわかりました!

 

 

やはり、思ったとおりWi-Fiの通信回線が遅い原因としてWi-Fiルーターが影響していましたね。

 

 

では、Wi-Fiルーターが影響して通信回線が遅い原因として何があるのでしょうか?

 

 

1.Wi-Fiルーターとの距離
2.端末の多さ
3.電波干渉
4.ルーターの不調

 

 

以上の4点がWi-Fiの通信回線が遅い原因として考えられます。

 

 

それでは、それぞれの原因について詳しく説明していきます。

 

 

1.Wi-Fiルーターとの距離

Wi-Fiルーターが影響して通信回線が遅い現象が起きている原因の1つ目はWi-Fiルーターとの距離になります。

 

 

あなたはWi-Fiルーターを壁際や障害物が周りにあるところに置いていたりしていませんか?

 

 

Wi-Fiルーターの特徴として周りに障害物や壁があると電波に影響が出てしまいます。

 

 

電波は直進性が強いのであなたの位置から、Wi-Fiルーターまで障害物や壁があると電波がぶつかってしまうので、電波が届きにくなってしまいます。

 

 

電波が届きにくいということは、Wi-Fiの通信回線が遅い現象が起きてしまうことになってしまいます。

 

 

以上の理由でWi-Fiルーターとの距離や置く位置については気を付けるようにしてください。

 

 

2.端末の多さ

Wi-Fiルーターが影響して通信回線が遅い現象が起きている原因の2つ目はWi-Fiルーターにつないでいる端末の多さになります。

 

 

Wi-Fiルーターには同時接続する端末の数に制限があることはご存じですか?

 

 

現在のWi-Fiルーターであれば最大接続台数が10台~15台は問題なく接続できると思います。

 

 

ただ、数多くのスマホ、タブレット、ゲームなどの家電を繋いでいると通信回線が混み合ってしまいます。

 

 

通信回線が遅い現象が発生した時は、利用していない家電の接続を切断するなど対策をしてみてください。

 

 

3.電波干渉

Wi-Fiルーターが影響して通信回線が遅い現象が起きている原因の3つ目は電波干渉になります。

 

 

Wi-Fiルーターの周りに電波を発する電子レンジなどの家電を置いていませんか?

 

 

Wi-Fiルーターの近くに電波を発する家電を置いていると、Wi-Fiルーターの電波と干渉を起こしてしまいます。

 

 

Wi-Fiルーターから発する2.4Ghzの周波数と同じ電波を発すると乾燥して、接続や回線が不安定になってしまうことで、通信回線が遅い現象が発生してしまいます。

 

 

Wi-Fiルーターの置く位置に気を付ける対策もありますが、周波数を変更する方法もあります。

 

 

2.4Ghzは周りの電波の干渉を受けやすいですが、もう1つの5Ghz帯の周波数は電波干渉を受けにくいです。

 

 

Wi-Fiルーターの種類にもよりますが、5Ghzを利用できる環境にある場合は、変更することをオススメします。

 

 

4.ルーターの不調

Wi-Fiルーターが影響して通信回線が遅い現象が起きている原因の4つ目はWi-Fiルーターの不調になります。

 

 

Wi-Fiルーターは熱がこもっている状態であると、動作に不具合が発生して不調を起こしてしまいます。

 

 

パソコンやスマホも熱を持っていると、不調になりますよね?

 

 

Wi-Fiルーターも同じことが言えます。

 

 

直射日光が当たる場所や通気性の悪い場所に置いてしまうと不調になってしまいます。

 

 

Wi-Fiルーターの置き場所には注意してください。

 

 

以上が、Wi-Fiルーターが原因となってWi-Fiの通信回線が遅い現象が発生する要因になります。

 

 

まとめると、Wi-Fiルーターを置く位置が非常に重要であることがわかりますよね。

 

 

ただ、家のレイアウトによってはWi-Fiルーターに都合のよい置き場所に置くことが不可能な場合が多いと思います。

 

 

接続台数も家族で利用するなら多く繋いで利用したいですよね…

 

 

そんなあなたのために、置き場所を気にしなくていい回線を紹介します。

 

 

ぜひ、ご覧になってください。

 

 

BIGLOBEのWiMAX2+

それでは早速、置き場所を気にする必要がない回線を紹介します。

 

 

モバイルWi-FiのBIGLOBEのWiMAX2+になります!

 

 

このWiMAX2+は持ち運び可能なモバイルWi-Fiなので、どこにでも置くことが出来ます!

 

 

ぶっちゃけポケットに入れながら移動できるので、常に近い状態を保つことが出来ます。

 

 

さらにこのWiMAX2+は最大接続台数が16台と固定回線用のWi-Fiルーターと変わりません。

 

 

家族みんなで利用することが出来ます。

 

 

月の通信利用容量も無制限なので、気にせず動画やゲームを思う存分利用することが出来ます。

 

 

そんな、WiMAX2+をもっと詳しく知りたいと思ったのなら、下記のリンクの記事をご覧になってください!

 

 

最大接続台数が16台である【WiMAX2+】の詳細はコチラ⇒

 

 

通信速度も気になりますね。

 

 

安心してください。

 

 

固定回線と同様で最大速度1Gbpsを出すことの出来るモバイルWi-Fiとなっています。

 

 

通信速度、通信容量、接続台数と固定回線と何も変わらないまま利用することが出来るWiMAX2+!

 

 

利用したくなってきませんか?

 

 

これを機に一度利用してみてはいかがでしょうか?

 

 

持ち運び可能な【WiMAX2+】の公式サイトはコチラ⇒

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました