ZEUS wifiはSIMフリーのモバイルWi-Fiなの?調査しました!

ZEUS wifi
Pocket

ZEUS wifiはSIMフリーWi-Fiなのでしょうか?

 

 

SIMフリーWi-Fiだと格安SIMカードを利用すれば格安で利用することができますよね。

 

 

また、違約金が発生しないため乗り換えがしやすかったり、選べるプランが豊富なメリットがあります。

 

 

そんな、ZEUS wifiは魅力的なSIMフリーのモバイルWi-Fiなのでしょうか?

 

 

調査した結果を紹介していきますね!

 

 

ZEUS wifiはクラウドSIMのモバイルWi-Fi

ZEUS wifiはSIMフリーのWi-Fiではなく、クラウドSIMのモバイルWi-Fiということがわかりました。

 

 

クラウドWi-Fiって馴染みのない単語ですよね?

 

 

「聞いたことないけど大丈夫なの?」
「SIMフリーWi-Fiとどう違うの?」
「そんなWi-Fi怪しくて使いたくないな…」

 

馴染みがなかったり、聞いたことがないのであなたも不安に思っていますね。

 

 

でも、安心してください!

 

 

SIMフリーWi-Fiと違ったメリットがあります。

 

 

魅力的なメリットなので、ぜひメリットを確認してみてください。

 

 

まずは、クラウドSIMについて紹介していきますね!

 

 

クラウドSIMとは

ZEUS wifiはクラウドSIMのモバイルWi-Fiだとわかりました。

 

 

では、クラウドSIMとは何か紹介していきます。

 

 

クラウドSIMは2019年5月から始まりました。

 

 

SIMカードをクラウドサーバー上で仮想化し、その仮想SIMカードをモバイルWi-Fiにダウンロードして通信を行います。

 

 

従来は、通信端末1台につきSIMカード1枚、他の通信会社の回線を利用するためには通信端末にSIMカードをその都度入れ直す手間があります。

 

 

しかし、クラウドSIMは現在地から情報によって、物理的なSIMカードが何十枚も刺さった状態と同じ仮想SIMカードを構築します。

 

 

それを転送することで様々なキャリアの回線を利用できるようになりました。

 

 

つまり、ZEUS wifi1台で3大キャリアの回線を制限なく使用できるということです!

 

これは、かなり嬉しいですよね。

 

 

クラウドSIMの特徴になります。

 

 

では、次にメリットについて説明しますね。

 

 

クラウドSIMのメリット

クラウドSIMについて説明しました。

 

 

次にクラウドSIMのメリットについて紹介します!

 

 

クラウドWi-Fiの一番のメリットは、現在地で最も速度が速い回線に自動で切り替えられることです。

 

 

大手3大キャリアの回線をそのまま利用できるので、田舎でも電波が入ります。

 

 

大手3大キャリアの回線を使用できるので、通信速度も安定します。

 

 

また、海外でも自動的に仮想SIMカードを取得してくれるので、面倒な手続き無でネットを利用できます。

 

 

以上がクラウドWi-Fiのメリットなります。

 

 

では、そんなZEUS wifiの申し込みの仕方を紹介します。

 

 

ZEUS wifiの申し込み方法

ZEUS wifiのクラウドWi-Fiのメリットについて紹介しました。

 

 

クラウドWi-Fiは魅力的でしたね。

 

 

そんなZEUS wifiの申し込み方法を紹介します。

 

 

1.ZEUS wifiのホームページの最初のページにある個人を選択してください。

 

 

2.あなたの選んだプランを選択してください。

 

 

3.契約期間を無くすか選んでください。

 

 

4.端末保証を付けるか選んでください。

※壊さない自信がある方以外は入っていた方が良いと思います。

 

 

5.プラン等問題がない場合はお客様情報入力を選択してください。

 

 

6.それぞれの項目個人情報を入力して確認画面に進んでください。

 

 

 

 

 

 

申し込み内容を確認して終了です。

 

 

これで、クラウドWi-Fiを使用することが出来ます。

 

 

やっぱり3大キャリアの回線を使用できるのは大変なメリットです。

 

 

回線が安定してストレスなくWi-Fiを使用できますからね。

 

 

そんなZEUS wifiを一度お試ししてはいかがでしょうか?

 

 

クラウドWi-Fiの【ZEUS wifi】の公式サイトはコチラ⇒

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました