Wi-Fiの通信が安定しない?Wi-Fi中継機が不安定なのが原因?

Wi-Fi中継器
Pocket

Wi-Fiを使用している中でWi-Fiが届かない場所があるので、Wi-Fi中継機を利用していると思います。

 

 

Wi-Fi中継機があれば、Wi-Fiが届く範囲が広がるので大変便利ですよね!

 

 

ただ、Wi-Fi中継機を利用しているとWi-Fiの通信が不安定になることがありませんか?

 

 

Wi-Fiの通信が不安定になるのはWi-Fi中継機が原因だと思うことはありませんか?

 

 

本当にWi-Fi中継機が原因でWi-Fiの通信が不安定になるのか?

 

 

Wi-Fi中継機が原因で起こるのか早速調査してきた結果を報告していきます。

 

 

Wi-Fi中継機の不安定

それでは、Wi-Fi中継機が原因でWi-Fiの通信が不安定になるのか報告していきます。

 

 

Wi-Fi中継機が原因でWi-Fiの通信が不安定になることがわかりました!

 

 

Wi-Fi中継機が不安定になるとWi-Fiの通信も中継機を経由しているので不安定になります。

 

 

Wi-Fi中継機が原因として考えられるのは

 

 

1.Wi-Fi中継機が不安定
2.Wi-Fi中継機との距離
3.Wi-Fiルーターに繋がっている
4.電波環境
5.フォームウェアが古い

 

 

以上5点の原因が考えられます。

 

 

それぞれの原因について詳細に報告していきます。

 

 

1.Wi-Fi中継機が不安定

1つ目の原因として考えられるのはWi-Fi中継機が不安定になっていることです。

 

 

Wi-Fi中継機やWi-Fiルーターへの負荷がかかっていたりすることで、動作が不安定になってしまうことがあります。

 

 

そうなっている場合は、負荷をいったん取り除いてあげる必要があります。

 

 

もし、Wi-Fiの通信が不安定になっている場合は、電源をコンセントから抜いて落としてください。

 

 

その後、正規の立ち上げ手順で各機器に電源を入れて立ち上げてみてください。

 

 

これで、改善される場合があるのでお試ししてみてください。

 

 

2.Wi-Fi中継機との距離

2つ目の原因としてWi-Fi中継機との距離が遠い問題があります。

 

 

Wi-Fi中継機とWi-Fiルーター、Wi-Fi中継機と繋ぐ端末どちらも距離が遠すぎると通信が安定しなくなります。

 

 

また、Wi-Fi中継機やWi-Fiルーターの周辺に障害物などの電波を遮るものがあると電波が遠回りして届くことになりますので、Wi-Fiの通信が不安定になってしまいます。

 

 

出来る限りWi-FiルーターとのWi-Fi中継機は周りに障害物をない場所に置くように心がけてください。

 

 

また、Wi-Fi中継機の位置を調整して通信が安定する位置を見つけてみてください。

 

 

3.Wi-Fiルーターに繋がっている

3つ目の原因として、Wi-Fi中継機に繋がっているのではくWi-Fiルーターに繋がったままになっていることです。

 

 

Wi-Fi中継機を設置する際には、一度Wi-Fiルーターと端末の接続を切る事を忘れないでください。

 

 

その後、端末とWi-Fi中継機の接続設定を行ってください。

 

 

そうすれば、後は自動的に距離に応じて勝手に切り替わってくれるはずです。

 

 

Wi-Fi中継機に繋がないと、せっかく設置したのに無駄になってしまうので気を付けてください。

 

 

4.電波環境

4つ目は電波環境が悪いことが原因になります。

 

 

Wi-Fiルーター、Wi-Fi中継機どちらも電波が2.4Ghzの周波数帯を使用していませんか?

 

 

2.4GHzを利用しているとWi-Fiルーター、Wi-Fi中継機の周りに電波を発する家電があると電波干渉を起こして、通信が安定しなくなってしまいます。

 

 

周波数帯を2.4Ghzから5Ghzに変更できる場合は変更してください。

 

 

5Ghzは電波干渉を受けにくい周波数帯となっていますので、少しは改善されるはずです。

 

 

また、電波を発する家電をWi-Fiルーター、Wi-Fi中継機の周りに置かないことも対策になります。

 

 

一度、改善されない場合はお試ししてみてください。

 

 

5.フォームウェアが古い

最後の原因としては、Wi-Fi中継機やWi-Fiルーターのフォームウェアが古いことが原因の可能性があります。

 

 

フォームウェアが古いと突然通信の接続が切れたり、不安定な状態が続いてしまいます。

 

 

一度、フォームウェアが古い状態か確認してみてください。

 

 

以上が、Wi-Fi中継機が原因によって通信が不安定になる現象を紹介してきました。

 

 

原因が5つもあり、対策を実行するとなるとかなり大変ですね。

 

 

ただ、Wi-Fi中継機を利用しないと回線が届かない場所があるので、Wi-Fi中継機が使わないとなると不便ですよね。

 

 

そこで、Wi-Fi中継機を使用する必要がなくどこでも電波を安定して提供できる回線を紹介したいと思います。

 

 

BIGLOBEのWiMAX2+

それではWi-Fi中継機を利用しないで、どこでも安定して利用できる回線を紹介します。

 

 

その回線はBIGLOBEのWiMAX2+になります!

 

 

このWiMAX2+はモバイルWi-Fiとなっていまして、端末1つでWi-Fiの利用することができます。

 

 

さらに、ポケットで持ち運びすることが出来る大きさなので、どこでも最短距離の位置に置いておくことが出来ますので、通信が安定します。

 

 

このWiMAX2+は月の使用容量は無制限となっていますので、固定回線と同様にいくらでも使用することが出来ます。

 

 

また、通信速度も1Gbpsの最高速度を出すことができるので、固定回線と遜色ない性能です。

 

 

以上の性能からWi-Fi中継機を使用する必要がないことがわかります。

 

 

固定回線からこちらのWiMAX2+に変えれば、置き場所や距離など気にする必要がありません。

 

 

もっとこのWiMAX2+を知りたいと思ったら下記のリンクに詳しく記事を記載していますのでご覧になってください。

 

 

Wi-Fi中継機が必要ない【WiMAX2+】の詳細はコチラ⇒

 

 

月の使用料金も3,980円と良心的な値段になっています。

 

 

このWiMAX2+は本当に便利なモバイルWi-Fiです。

 

 

家の中だけでなく、外出先でも同じ環境で利用できるのも大きな強みです。

 

 

ぜひ、一度利用してみてはいかがでしょうか?

 

 

持ち運び可能な【WiMAX2+】の公式サイトはコチラ⇒

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました