Wi-Fiルーターが調子悪い?原因は?

Wi-Fiルーター
Pocket

Wi-Fiルーターを使用していると大変便利ですよね。

 

 

Wi-Fiルーターを使用しているとあれいつもより調子悪いかも?と思うことがあると思います。

 

 

あなたもWi-Fiルーターを使用中に調子悪いと思うことがあるのではないですか?

 

 

時々、Wi-Fiルーターが調子悪い状態になるの不思議ですよね?

 

 

Wi-Fiルーターが調子悪い状態になる原因って何かあるのでしょうか?

 

 

気になりませんか?

 

 

そんなあなたのためにWi-Fiルーターが調子悪い状態になる原因と対策について調べてみました。

 

 

早速、報告していきますね。

 

 

Wi-Fiルーターが調子悪い原因と対策

Wi-Fiルーターが調子が悪い原因と対策について調査を行いました。

 

 

Wi-Fiルーターが調子が悪い原因としては4つ考えられます!

 

 

結構、4つも原因があるのは多いですよね。

 

 

Wi-Fiルーターが調子が悪い状態は色々な原因が考えられるためです。

 

 

1.Wi-Fiルーターのモデル
2.ネット渋滞
3.Wi-Fiルーターの故障
4.電波干渉

 

 

以上がWi-Fiルーターの調子が悪い原因と推定されます。

 

 

それでは、早速詳しく原因を紹介していきます。

 

 

1.Wi-Fiルーターのモデル

Wi-Fiルーターの調子が悪い原因として1つ目はWi-Fiルーターのモデルになります。

 

 

Wi-Fiルーターのモデルがかなり古い、10年以上前のWi-Fiルーターを使用していませんか?

 

 

昔のWi-Fiルーターは使用している通信規格が2.4Ghzでは電波干渉の影響を受けやすくなっています。

 

 

そのため、突然通信が途切れたり、通信速度が遅くなったりと通信が不安定なことがあります。

 

 

その点、最新のWi-Fiルーターだと5Ghzの通信規格を利用することが出来ます。

 

 

5Ghzでは電波干渉の影響が少なく、通信が安定した状態で利用できるのが特徴になります。

 

 

あなたが使用しているWi-Fiルーターの通信規格を一度確認してみてはいかがでしょうか?

 

 

通信規格が2.4Ghzしか利用出来ない場合は、Wi-Fiルーターの新規購入を検討いただいた方が良いと思います。

 

 

2.ネット渋滞

Wi-Fiルーターの調子が悪い2つ目の原因はネット渋滞になります。

 

 

ここ最近、コロナの影響もあり企業のテレワークが推奨され利用している方が急増しています。

 

 

そのため、Wi-Fiルーターの利用可能接続台数上限まで使用している家庭が多くなってきています。

 

 

そのため、各家庭のデータ使用量が増加して通信が安定しなくなる現象が発生しているのも事実です。

 

 

では、対策はどうすればいいのでしょうか?

 

 

対策としては、Wi-Fiルーターを再起動してみてください。

 

 

Wi-Fiルーターは周囲の電波環境から比較的利用数が少ないチャンネルを自動的に設定します。

 

 

再起動すると余裕のなるチャンネルに再設定してくれますので改善する可能性があります。

 

 

Wi-Fiルーターの調子が悪いと感じたら、一度再起動してみてもいいのではと思います。

 

 

3.Wi-Fiルーターの故障

Wi-Fiルーターの調子が悪い原因として3つ目はWi-Fiルーターの故障が考えられます。

 

 

これは、Wi-Fiルーター自身が調子が悪い状態で電源が突然切れたりするような現象です。

 

 

熱ががこもるような場所に置いていた李、湿気が起きやすい場所に置いておくと故障しやすい原因にんります。

 

 

ホコリや熱、水による故障がWi-Fiルーターでは考えられます。

 

 

基本的に通気性が良い場所にWi-Fiルーターは置くようにしてください。

 

 

直射日光も熱が溜まってしまうので注意が必要です。

 

 

4.電波干渉

最後の原因となるのが電波干渉になります。

 

 

Wi-Fiルーターをあまり考えずに家の中に設置していませんか?

 

 

Wi-Fiルーターから発する電波は障害物がWi-Fiルーターの近くにあると遠くまで届きません。

 

 

壁際などに設置しても同じことが言えます。

 

 

また、電波を発する家電が近くにあると電波が干渉するのでこちらも電波が不安定になってしまいます。

 

 

基本天気にWi-Fiルーターは家の中心に置くと電波が遠くに届き、電波が安定します。

 

 

家の中心に置くのが難しい場合は、障害物や電波を発する家電の周りに置かないように心がけてください。

 

 

以上が、Wi-Fiルーターの調子が悪い現象が起きる原因となります。

 

 

原因と対策を紹介してきましたが、正直めんどくさくて大変ですよね。

 

 

家の真ん中に置くことは中々できないですし、家の端に置くことが多いですよね…

 

 

ポケットWi-Fiにしても、固定回線と同じような性能ではなく、月の容量も無制限ではないので不便です。

 

 

そんなあなたのために、ポケットWi-Fiで固定回線と同等の性能を持っている回線を紹介します。

 

 

非常に便利なポケットWi-Fiになるので、ご覧になってください。

 

 

BIGLOBEのWiMAX2+

それでは、早速固定回線と同等の性能を持つポケットWi-Fiを紹介していきます。

 

 

BIGLOBEのWiMAX2+が固定回線と同等の性能を持っているWi-Fiになります!

 

 

このWiMAX2+は光回線の固定回線と同じ通信速度で利用することが出来ます。

 

 

通信速度の最高速度は1Gbpsと光回線とほぼ同等の速度を出すことが出来ます!

 

 

これはポケットWi-Fiで利用できる速度でTOPクラスです。

 

 

そして、気になる月の使用容量も無制限となっています!

 

 

ここまで聞けば固定回線と変わらないと思いますよね。

 

 

少しでもWiMAX2+に興味を持って、もっと詳しく知りたいと思った方は下記のリンクに詳しく記載しておりますので、ご覧になってください!

 

 

固定回線と同等の性能である【WiMAX2+】の詳細はコチラ⇒

 

 

後、月の使用料金も3,980円となっており、固定回線よりも安いです。

 

 

そして、持ち運びが出来るWi-Fiなので周辺の障害物を全く気にする必要がありません。

 

 

これは、かなり便利な機能だと思います。

 

 

さらに、外出先でもそのまま利用できるのでかなり快適な環境をずっと利用できる利点があります。

 

 

ぜひ、このWiMAX2+を利用してみてはいかがでしょうか?

 

 

固定回線と同じ性能の【WiMAX2+】の公式サイトはコチラ⇒

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました