Wi-Fiルーターの電波が弱い?何故弱いのか教えます!

Wi-Fiルーター
Pocket

Wi-Fiルーターを使用して快適なネット生活を送っている方が多いと思います。

 

 

あなたもWi-Fiルーターを使用して快適なネットを生活を送られていると思います。

 

 

そんな中で、Wi-Fiルーターの電波が弱い現象が起こっていると耳にしたことがあります。

 

 

Wi-Fiルーターの電波が弱いとせっかくの快適なネット生活が送れなくなってしまいますね…

 

 

では、何故Wi-Fiルーターの電波は弱い現象が起きるか?

 

 

早速調査しましたので、報告していきます。

 

 

電波がと弱くなる原因

Wi-Fiルーターの電波が弱い現象が起きると言いました。

 

 

実際に、Wi-Fiルーターの電波が弱い現象が起きる原因は何でしょうか?

 

 

原因を調査したところWi-Fiルーターの電波が弱くなる原因は3つあることがわかりました!

 

 

1.Wi-Fiルーターの置き場所
2.電波干渉
3.無線LAN子機

 

 

この3つが大まかな原因となります。

 

 

それでは、早速原因について詳細に説明していきます。

 

 

1.Wi-Fiルーターの置き場所

まず原因として一番特定することが容易なのがWi-Fiルーターの置き場所になります。

 

 

Wi-Fiルーターはルーター自身から全方位に電波を飛ばしています。

 

 

電波は障害物があると遮られてしまいます。

 

 

電波は遮られてしまうと電波自体が飛びにくくなってしまいます。

 

 

また、Wi-Fiルーターの周辺に電波を吸収するものがあると電波が弱くなってしまいます。

 

 

水は電波を吸収するので、水槽など置いていると影響を受けやすいです。

 

 

金属も注意が必要になるので、金属性の棚などにWi-Fiルーターを収納するとかなり電波が弱くなってしまいます。

 

 

まとめますと、Wi-Fiルーターの置き場所に向いていない場所として

 

 

〇水の多い場所
〇金属製品の近くや中に置かない
〇棚の中
〇部屋の隅など壁が周りにある場所

 

 

が挙げられます。

 

 

Wi-Fiルーターの電波が弱い改善策にもなりますので、是非Wi-Fiルーターの置き場所には気を付けてください。

 

 

一番良い置き場所は床から1~2mの高さに設置して周辺に何も障害物がない家の中心が理想の置き場所になります。

 

 

2.電波干渉

2つ目の原因として考えられるのは電波干渉になります。

 

 

Wi-Fiルーターの周辺に電波を発生している家電製品を置いていると電波干渉してしまいます。

 

 

電波干渉が起きるとWi-Fiルーターの電波が不安定になってしまうので弱くなってしまいます。

 

 

Wi-Fiルーターは周波数2.4Ghzを使っている場合があります。

 

 

この2.4Ghzは電波干渉の影響を受けやすい規格になります。

 

 

もし、電波の規格を変更できるのであれば5.0Ghz変更することでも改善されます。

 

 

ただ、Wi-Fiルーターの新規購入にもなってしまいます。

 

 

出来る限りWi-Fiルーターの周辺には電波が発生する家電製品を置かないようにすることが良いと思います。

 

 

3.無線LAN子機

3つ目のWi-Fiルーターの電波が弱くなる原因として無線LAN子機になります。

 

 

Wi-Fiルーターの設定画面からソフトウェアやドライバーが最新のものであるか確認してみてください。

 

 

もし、古い場合はWi-Fiの受信感度が悪くなって電波が弱い状態になってしまうことがあります。

 

 

この原因は、パソコンなど特定の危機にだけ電波が弱い現象が起きるときに疑ってください。

 

 

以上がWi-Fiルーターの電波が弱い原因と対処法になります。

 

 

また、対処法としてはWi-Fiルーターなど周辺の必要機器を再起動しても改善されることがあります。

 

 

電源を切ったあと約10秒程度待ってから起動すると改善される事例があります。

 

 

こちらも1度試してみてください。

 

 

ただ、Wi-Fiルーターの電波が弱い原因と対策と紹介しましたが、正直めんどくさいですよね。

 

 

置く位置や電波干渉を回避するために、色々考えないといけないのは大変だと思います。

 

 

そこで、次にそんなことを気にする必要がない回線を紹介したいと思います。

 

 

固定回線と同等の性能を持っているので、現在使用しているWi-Fiルーターから変更しても影響は出ないです。

 

 

ぜひ、ご覧になってみてください。

 

 

BIGLOBEのWiMAX2+

これまでWi-Fiルーターの電波が弱い原因と対策について紹介してきました。

 

 

そこで、Wi-Fiルーターを使用する必要がない回線を紹介します。

 

 

BIGLOBEのWiMAX2+が固定回線と同等の性能を持つ、Wi-Fiルーターが必要ない回線になります。

 

 

このWiMAX2+はモバイルWi-Fiで持ち運びが容易な端末1つでWi-Fiを利用することが出来ます。

 

 

置き場所や周辺の家電、障害物を気にする必要がありません!

 

 

常にポケットにでも入れて持ち運んだり、家の真ん中に置いておくことが出来るので非常に楽です。

 

 

WiMAX2+の性能自体も固定回線と同等になっています。

 

 

通信速度は最高速度で1Gbpsとなっており、光回線と遜色ない速度となっています。

 

 

月の使用容量も無制限となっているため、こちらも固定回線と同等です。

 

 

あなたが気になる性能については説明しましたが、もっと詳しく知りたい場合は下記のリンク先の記事で説明しているのでご覧になってください!

 

 

固定回線と同等の性能である【WiMAX2+】の詳細はコチラ⇒

 

 

最後に月の利用料金についても紹介しておきます。

 

 

月の使用容量は3,980円となっています。

 

 

固定回線と比べると安いですよね。

 

 

性能は同等で金額は安いのであればWiMAX2+を利用した方が、設置場所を気にせずにネット生活を満喫できます。

 

 

ぜひ、この機会にWiMAX2+の利用を検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

容量無制限の【WiMAX2+】の公式サイトはコチラ⇒

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました