Wi-Fiルーターが不安定?何故不安定になるのか調査しました!

Wi-Fiルーター
Pocket

ネットの普及により家に設置している方が多いWi-Fiルーター。

 

 

あなたも家に設置しているのではありませんか?

 

 

快適なネット生活を送れると思っていたのに、Wi-Fiルーターの通信が不安定で思うようなネット生活を送れていなのではありあせんか?

 

 

Wi-Fiルーターの通信が不安定でストレスが溜まる方も多いと聞きます。

 

 

そんなあなたのために、何故Wi-Fiルーターの通信が不安定になるのか?

 

 

Wi-Fiルーターの通信の不安定の原因について調査致しました。

 

 

それでは早速調査結果について紹介していきましょう。

 

 

Wi-Fiルーターの通信不安定の原因

それでは早速、Wi-Fiルーターの通信の不安定になる原因について紹介していきます。

 

 

Wi-Fiルーターの通信が不安定になる原因は大きく分けて5つあります!

 

 

1.無線LAN機能
2.電波干渉
3.周波数帯
4.セキュリティソフト
5.各デバイスの確認

 

 

この5つが原因であることが考えられます。

 

 

それでは、各原因について詳しく説明していきます。

 

 

無線LAN接続

Wi-Fiルーターの通信が不安定の原因を紹介していきます。

 

 

まずは、無線LANの接続がルーターと端末が原因で不安定になっている可能性があります。

 

 

そこで、ルーターと端末を再起動してみてください。

 

 

また、無線LAN接続が有効になっているか確認してください。

 

 

意外に、再起動することでルーターの通信が安定することがあります。

 

 

ぜひ、再起動をやってみてください。

 

 

それで、不安定が改善されないようであれば次の原因が考えられます。

 

 

電波干渉

2つ目のWi-Fiルーターの通信が不安定の原因を紹介していきます。

 

 

2つ目の原因はルーターから出る電波が干渉している可能性が考えられます。

 

 

ルーターから発する電波は障害物があることで、電波が届きにくくなってしまいます。

 

 

また、電波を発するものが近くにあっても電波干渉が発生してしまいます。

 

 

 

 

ルーターからかなり距離が離れていても、通信が安定しません。

 

 

そのため、対策としては

〇ルーターなどの必要な機器は近くに移動する
〇ルーターの周りに障害物を置かない
〇ルーターの周りに電波を発生する機器を置かない
〇ルーターの近くでスマホを使用する

 

 

といった対策が考えられます。

 

 

Wi-Fiルーターには接続台数が限られているのでそちらも気にしてみてくださいね。

 

 

 

周波数帯

3つ目の原因について紹介していきます。

 

 

Wi-Fiルーターの通信が不安定の原因の1つとして周波数帯が関係しています。

 

 

周波数帯には2.4Ghzと5Ghzの2つがあります。

 

 

2.4Ghzは無線LANルーター以外にも、電子レンジやコードレス電話、Bluetoothなどの電子機器が使用している場合、電波干渉を受けやすい帯域です。

 

 

5Ghz帯は電波干渉を受けにくいのでこちらの周波数帯に変更してみるのも対策の1つです。

 

 

 

 

それぞれの周波数帯の長所と短所について上記の表を参考にしてみてください。

 

 

ルーター本体のシールにそれぞれの周波数帯のネットワーク帯について記載されていますので、変更する際はネットワーク名を確認して変更してください。

 

 

セキュリティソフト

4つ目のWi-Fiルーターの通信が不安定の原因はセキュリティソフトになります。

 

 

セキュリティソフトの影響で一部のソフトウェアやアプリを使用する際に不安定になることがあります。

 

 

そのため、セキュリティソフトを一時的に無効にして、通信の不安定が改善されるか確認してみてください。

 

 

改善されるようであれば、セキュリティソフトを有効にして通信が不安定なソフトウェアやアプリだけを別設定することで改善してみてください。

 

 

セキュリティソフトを無効にしたままですと、危険なので無効にしたら有効に戻すことを忘れないでください。

 

 

各デバイスの確認

最後のWi-Fiルーターの通信が不安定の原因になります。

 

 

ルーターや周辺機器のドライバやご利用のスマホ、パソコンのOSが古い状態ですと通信が不安定になる可能性があります。

 

 

ルーターや周辺機器の場合は、契約元に確認して頂く。

 

 

スマホやパソコンのOSは各デバイスから確認してみてください。

 

 

常に最新の状態で通信できるようにしましょう。

 

 

以上が、Wi-Fiルーターの通信が不安定の原因と対策になります。

 

 

もし、上記対策でも不安定な状態が改善されない場合は契約している会社のコールセンターに相談してください。

 

 

また、根本的な原因として速度が遅い回線を使用しているため、不安定になることがあります!

 

 

大元の回線が遅いということは、利用している人が多く渋滞している状態なので不安定になりやすいということです。

 

 

大元の速度が速い回線を利用するだけでも、通信の不安定はかなり変わってきます。

 

 

そこで、速度が速い回線を紹介しますので、参考にしてみてください。

 

 

BIGLOBEのWiMAX2+

それでは早速、通信速度が速い回線を紹介していきます。

 

 

BIGLOBEのWiMAX2+というモバイルWi-Fiが通信速度が速いのでオススメです!

 

 

このBIGLOBEのWiMAX2+はモバイルWi-Fiで持ち運びが出来るですが、持ち運びが出来るのに回線速度が固定回線と同じというのが最大の特徴です!

 

 

通信速度の最大速度が1Gbpsと固定回線と同じ速度を発揮することが出来ます!

 

 

固定回線と同じ速度なので、かなり通信は安定します。

 

 

さらに、ルーター以外の機器が一切なく、持ち運びが出来るので、周辺の障害物によって回線が不安定になることもありません。

 

 

かなり優秀なモバイルWi-Fiですよね。

 

 

このWiMAX2+についてもっと知りたいと思ったら下記のリンク先に詳しいレビューを書いてますので、ぜひご覧ください!

 

 

1Gbpsの最大速度を発揮する【WiMAX2+】の詳細はコチラ⇒

 

 

さらに固定回線と違って月額の料金も安いです。

 

 

月額3,980円で固定回線と同じ速度のモバイルWi-Fiを利用することが出来ます。

 

 

月の使用容量も無制限と固定回線と同じです。

 

 

固定回線のメリット部分をモバイルWi-Fiに含まれているので、周辺機器が多い固定回線を利用する必要がありません。

 

 

どこでも、固定回線と同じ能力でネットを利用することが出来ますのでぜひ利用してみてください!

 

 

最大速度の1Gbpsの【WiMAX2+】の公式サイトはコチラ⇒

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました