Wi-Fi中継機の速度が遅いのは何故?原因は何?

Wi-Fi中継器
Pocket

Wi-Fiって今ではどの家でも利用しているものだと思います。

 

 

ただ、Wi-Fiが家の中で届く場所と届かない場所がありますよね…

 

 

そんなときにWi-Fiを遠くまで届くように出来るWi-Fi中継機が大変便利です。

 

 

Wi-Fi中継機を活用してWi-Fiを届かない場所にまで届くようにしている方が多いです。

 

 

ただ、Wi-Fi中継機を利用すると速度が遅くなることがあると聞いたことがあります。

 

 

果たして本当にWi-Fi中継機を利用すると回線の速度が遅くなってしまうのでしょうか?

 

 

早速、Wi-Fi中継機を利用すると速度が遅くなる原因について紹介しましたので、紹介していきます。

 

 

Wi-Fiが遅くなる原因

Wi-Fi中継器を利用するとWi-Fiの速度が遅くなることがあるのか調査しました。

 

 

調査結果としては、Wi-Fi中継器を利用すると速度が遅くなることがあります!

 

 

ただ、絶対にWi-Fi中継機を利用すると速度が遅くなることがあるわけではありません。

 

 

Wi-Fi中継機の速度が遅くなる原因があります。

 

 

1.Wi-Fi中継機の問題
2.Wi-Fi中継機の距離
3.電波環境

 

 

以上の3点が主な原因として考えられます。

 

 

早速、それぞれの原因について調査しましたので詳細を報告していきますね。

 

 

1.Wi-Fi中継機の問題

Wi-Fi中継機を利用すると速度が遅くなる原因の1つとしてWi-Fi中継機の問題があります。

 

 

Wi-Fi中継機自体が不安定になることで、回線も不安定になって速度が遅くなってしまいます。

 

 

Wi-Fi中継機に負荷がかかっている状態だと、不安定になってしまします。

 

 

そうならないように、Wi-Fi中継機の負荷を取り除いてあげることが重要になってきます。

 

 

Wi-Fi中継機の負荷を取り除く方法を紹介します。

 

 

まず、Wi-Fi中継機の電源をコンセントから抜いて電源を落とします。

 

 

その後、再度電源を入れてWi-Fi中継機を起動させてください。

 

 

Wi-Fi中継機を再起動させてあげることで、負荷を取り除くことが出来ます。

 

 

Wi-Fi中継機を再起動することによって、速度が遅い状態が改善されることがあります。

 

 

Wi-Fiの速度が遅い場合はぜひお試ししてみてください。

 

 

2.Wi-Fi中継機の距離

2つ目のWi-Fi中継機によってWi-Fiの速度が遅い原因は、Wi-FiルーターとWi-Fi中継機との距離になります。

 

 

あなたはWi-Fi中継機を置く位置を特に考えずに決めていませんか?

 

 

Wi-Fi中継機の置く位置によってWi-Fiの速度に大きく影響します。

 

 

Wi-Fi中継機をWi-FiルーターのWi-Fiの電波が届くギリギリに置くのは間違いです。

 

 

ギリギリに置いてしまうと、Wi-Fiの電波が安定していないところでWi-Fiの電波を受け取って、遠くに飛ばすことになります。

 

 

そうなると、飛ばすWi-Fi自体が不安定な状態になっていますので、Wi-Fi中継機で飛ばすWi-Fiも不安定になります。

 

 

Wi-Fi中継機を置く位置のベストな場所は、Wi-Fiの電波が安定して届くギリギリの位置になります。

 

 

Wi-Fiの電波は安定しているので、Wi-Fi中継機でWi-Fiを遠くに飛ばす場合でも、Wi-Fiの電波が安定しているので速度も遅くなりません。

 

 

Wi-Fiの速度が遅い場合は一度、Wi-Fi中継機の置く位置を再度検討することをオススメします。

 

 

Wi-Fi中継機を置く位置によって速度が改善される場合があるので、お試ししてみてください。

 

 

3.電波環境

最後のWi-Fi中継機が原因で速度が遅くなるのは電波環境が大きく影響します。

 

 

Wi-Fi中継機の周波数帯を2.4Ghzに設定していませんか?

 

 

周波数帯は2.4GHzと5.0Ghzの2種類があります。

 

 

2.4Ghzは周りの電波の影響受けて、電波干渉を起こして通信が安定しなくなる欠点があります。

 

 

つまり、Wi-Fi中継機の周りに電波を発する家電や機器が置いてあると電波干渉を起こして、速度が遅くなる現象が発生してしまいます。

 

 

一方、5.0Ghzは周りの電波の影響を受けにくいので、電波干渉を起こしにくいです。

 

 

つまり、通信が安定するので速度も遅くならずに安定するということです。

 

 

5.0Ghzの周波数帯を利用出来る場合は、ぜひ設定を変更して利用してください。

 

 

以上が、Wi-Fi中継機によって速度が遅くなる原因になります。

 

 

ここまで、Wi-Fi中継機を利用しているときの速度の改善方法も紹介してきました。

 

 

ただ、そもそもWi-Fi中継機を使用しなくてもWi-Fiを遠くでも利用できる方法があれば楽ですよね。

 

 

そんなあなたのために、Wi-Fiをどこでも利用することが出来る回線を紹介したいと思います。

 

 

BIGLOBEのWiMAX2+

それではWi-Fiをどこの場所でも利用することが出来る回線を紹介していきたいと思います。

 

 

Wi-Fiをどこの場所でも利用することが出来る回線はBIGLOBEのWiMAX2+になります!

 

 

この回線が何故どこの場所でも利用することが出来るのかというと持ち運びが出来るモバイルWi-Fiだからです。

 

 

モバイルWi-Fiは端末1つでWi-Fiを利用することが出来る便利な端末です。

 

 

持ち運びが出来るモバイルWi-Fiなので、家の中で持ち運びすれば常にあなたの近くにWi-Fiの電波を発する端末があるので、速度が安定します。

 

 

これは、大変便利な回線ですよね。

 

 

このWiMAX2+をより詳しく知りたい場合は下記のリンク先に記事があるのでご覧になってください!

 

 

置き場所が気にならない【WiMAX2+】の詳細はコチラ⇒

 

 

さらにWiMAX2+は固定回線と同じ性能を持っています。

 

 

月の使用容量に関しては、無制限で利用できるので固定回線と同じですね。

 

 

回線の速度に関しても最高速度が1Gbpsと固定回線と同等の性能になっているので、嬉しいですよね。

 

 

固定回線と同じ性能であることがわかりましたね。

 

 

月の使用料金も3,980円となっているので、使いやすさもありますね。

 

 

固定回線と同じなので切り替えることも検討に入れてもいいかもしれません。

 

 

ぜひ、一度ご利用を検討してみてください!

 

 

固定回線と同じ速度の【WiMAX2+】の公式サイトはコチラ⇒

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました