Wi-Fi中継機を経由すると回線が遅いのは何故なの?原因は?

Wi-Fi中継器
Pocket

Wi-Fiを利用してネットを快適に利用している人も多いのではないでしょうか?

 

 

Wi-Fiって今の時代に無くてはならないものになっていますよね。

 

 

そんなWi-Fiですが案外に遠くまで届かない場合が多いですよね。

 

 

そんなときにWi-Fi中継機を利用して、遠くまで届かせてる人も多いのではないのでしょうか?

 

 

ただ、そんな便利なWi-Fi中継機ですがWi-Fi中継機を経由することで回線が遅い現象が起きると聞いたことがあります。

 

 

本当にWi-Fi中継機を経由することで本当に回線が遅い現象が発生するのでしょうか?

 

 

遅い現象が発生するのか調査しましたので、早速紹介していきます。

 

 

Wi-Fiが遅い現象の原因

Wi-Fi中継機を経由した際に回線が遅い現象が発生する可能性について調査しました。

 

 

調査結果としてはWi-Fi中継機を経由すると回線が遅い現象が発生します!

 

 

やはり、Wi-Fi中継機を経由すると回線が遅い現象が発生するのは事実なようです。

 

 

ただ、ちゃんと原因があって回線が遅い現象が発生することがわかりました。

 

 

1.Wi-Fi中継機とWi-Fiルーターの距離
2.Wi-Fi中継機
3.電波干渉

 

 

この3点がWi-Fi中継機を経由して回線が遅い現象が起きる主な原因となっています。

 

 

原因と対策についてそれぞれ説明していきますのでご覧になってください。

 

 

1.Wi-Fi中継機とWi-Fiルーターとの距離

Wi-Fi中継機を経由するとWi-Fiが遅くなる現象の原因の1つ目を説明していきます。

 

 

1つ目の原因はWi-Fi中継機とWi-Fiルーターとの距離が重要になってきます。

 

 

Wi-FiルーターからWi-Fiの電波は出てきます。

 

 

そのWi-Fiの電波をWi-Fi中継機は受け取って、遠くまで届くようにする機器です。

 

 

そのWi-FiルーターとWi-Fi中継機との距離が適切でないと本来の性能を発揮することが出来ません。

 

 

Wi-Fi中継機をWi-Fiの電波が届くギリギリの位置に置いてしまうと回線の速度が遅くなってしまいます。

 

 

Wi-Fiが届くギリギリの位置だと回線も不安定ですよね…

 

 

回線が不安定なので、速度も遅い現象が発生してしまうということです。

 

 

Wi-Fi中継機の適切な置く位置としては、Wi-Fiが安定して届くギリギリの位置に置くことです。

 

 

大元のWi-Fiの回線が安定しているので、Wi-Fi中継機で遠くの位置に届くWi-Fiも安定した回線になります。

 

 

以上が1つ目の原因と対策になります。

 

 

2.Wi-Fi中継機

2つ目のWi-Fi中継機を経由した際の回線が遅い現象の原因としてWi-Fi中継機があげられます。

 

 

Wi-Fi中継機も機械ですので、負荷がかかって状態ですと性能を充分に発揮することが出来ません。

 

 

Wi-Fi中継機は熱がこもったり、湿気が多い場所などに置いておくと故障したり、負荷がかかって回線が不安定になってしまうので、回線が遅い現象が発生するということです。

 

 

負荷を取り除く方法としては、Wi-Fi中継機の再起動になります。

 

 

また、置き場所も換気が良い場所に置くのもポイントになります。

 

 

以上が、2つ目の原因と対策になります。

 

 

3.電波干渉

最後のWi-Fi中継機を経由して回線が遅い現象が発生する原因は電波干渉になります。

 

 

Wi-Fi中継機はWi-Fiルーターの電波を遠くに届かせる機器です。

 

 

そのWi-Fi中継機の近くに電波を発する機器を近くに置いておくとWi-Fiの電波と電波干渉を起こしてしまいます。

 

 

電波干渉を起こしてしまうとWi-Fiの回線が不安定になってしまいます。

 

 

回線が不安定になってしまうと、回線の速度が遅い現象が発生してしまいます。

 

 

対策としては、Wi-Fi中継機の近くに電波を発する機器を置かないことです。

 

 

以上がWi-Fi中継機を経由して速度が遅い現象が発生する原因と対策になります。

 

 

結論としては、Wi-Fi中継機の置く位置が重要であることがわかりました。

 

 

対策としては、Wi-Fi中継機の位置を適切なところに置くだけですが、家のレイアウトや広さも考えないといけないので意外に大変だと思います。

 

 

次に紹介するのはそんなWi-Fi中継機を必要としない回線になります。

 

 

大変便利な回線ですので、ぜひご覧になってください。

 

 

BIGLOBEのWiMAX2+

それでは早速Wi-Fi中継機を必要としない回線を紹介していきます。

 

 

Wi-Fi中継機を必要としない回線はBIGLOBEのWiMAX2+になります!

 

 

この回線はモバイルWi-Fiとなっていますので、持ち運びが出来る端末1つでWi-Fiを利用することができる回線となっています。

 

 

持ち運びが出来るということは、常に自分の近くに置けるもしくは最適な置き場所に端末を置くことができるということです。

 

 

Wi-Fiが遅い現象が発生しない最適な環境を家の中で作れるということです。

 

 

この時点で大変便利な回線だとわかりますね。

 

 

このWiMAX2+について気になった方は下記の記事を参照してください。

 

 

置き場所が気にならない【WiMAX2+】の詳細はコチラ⇒

 

 

次にWiMAX2+の性能になります。

 

 

WiMAX2+は固定回線と同等の性能を持っています。

 

 

月の使用容量に関しては無制限となっていますので、固定回線と同じですね!

 

 

回線の速度に関しても、最高速度が1Gbpsと固定回線にひけをとらない性能になっています。

 

 

性能を紹介しましたが、固定回線と変わらないので魅力的ですよね。

 

 

月の使用料金も3,980円ですので、ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

固定回線と同じ速度の【WiMAX2+】の公式サイトはコチラ⇒

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました