Wi-Fi中継機の回線が不安定?距離が影響する?

Wi-Fi中継器
Pocket

Wi-Fiって遠いところまで届かない場合ありますよね?

 

 

そんな時に便利なのがWi-Fi中継機になります。

 

 

Wi-Fi中継機はWi-FiルーターのWi-Fiの電波を遠くの場所までに飛ばしてくれます。

 

 

そんな便利なWi-Fi中継機ですが、Wi-Fi中継機を経由すると回線が不安定になると聞いたことがあります。

 

 

何故Wi-Fi中継機を経由したらWi-Fiが不安定になってしまうのでしょうか?

 

 

気になりますよね…

 

 

そんなあなたのためにWi-Fi中継機を経由すると回線が不安定になる原因を調査しました。

 

 

早速、原因について報告していきます。

 

 

Wi-Fiが不安定になる原因

Wi-Fi中継機を経由するとWi-Fiが不安定になることがあります。

 

 

その原因について調査しましたので報告します。

 

 

Wi-Fiが不安定にな原因としては、Wi-FiルーターとWi-Fi中継機の距離が重要になってきます!

 

 

Wi-Fi中継機はWi-FiルーターのWi-Fiの電波を受け取って、遠くに飛ばすので距離が非常に重量になってきます。

 

 

では、距離が適切でないと何故Wi-Fiの電波が不安定になってしまうのか詳細を説明していきます。

 

 

Wi-Fiの電波が不安定の原因

それでは、距離によってWi-Fiの電波が不安定になる原因を紹介していきます。

 

 

距離によってWi-Fiの電波が不安定になる原因として

Wi-Fi中継機がWi-FiルーターのWi-Fiを電波を受け取れる位置に設置出来ていないということです!

 

 

Wi-Fi中継機はWi-Fiルーターの電波を遠くに飛ばす機能があることを紹介しました。

 

 

つまり、Wi-Fi中継機はWi-FiルーターのWi-Fiの電波を受け取れる距離に設置していないと効果がありません。

 

 

何も距離を考えずにWi-Fi中継機を設置してしまうとWi-Fiの電波が不安定になってしまいます。

 

 

そこで、まずはWi-FiルーターのWi-Fiの電波が安定して届くギリギリの位置を調査します。

 

 

調査するには、スマホもしくパソコンでWi-Fiに接続して回線が安定しているギリギリの位置を探します。

 

 

探したら、そこにWi-Fi中継機を設置すればWi-Fiの電波を安定した状態で遠くに飛ばすことが出来ます。

 

 

Wi-FiルーターとWi-Fi中継機の距離を気にしてWi-Fi中継機を設置すると良いです。

 

 

では次にWi-Fi中継機の届く距離を伸ばすためにはどうすればいいのか紹介していきます。

 

 

Wi-Fi中継機の距離を伸ばす方法

Wi-Fi中継機の距離が重要だと説明しました。

 

 

では、Wi-Fi中継機のWi-Fiの電波を飛ばす距離を伸ばす方法を紹介していきます。

 

 

距離を伸ばす方法としては

1.中継機の設置場所
2.中継機のアンテナの角度
3.中継機の設置台数

 

 

以上3点が距離を伸ばす方法になります。

 

 

早速、距離を伸ばす方法を詳しく紹介していきます。

 

 

1.中継機の設置場所

まず1つ目の距離を伸ばす方法としては中継機の設置場所になります。

 

 

先ほど説明しましたが、Wi-Fiルーターの電波が届くギリギリの位置にWi-Fi中継機を置くと一番遠くに飛すことが出来る方法になります。

 

 

さらに、Wi-Fi中継機の周りに電波を発する家電や機器があるとWi-Fiの電波が不安定になってしまいます。

 

 

電波干渉が起こるので、距離とは別に気を付けるポイントになります。

 

 

Wi-Fi中継機の距離と置く位置は十分考慮して設置することが重要になってきます。

 

 

2.中継機のアンテナの角度

2つ目のWi-Fi中継機の距離を伸ばす方法としては中継機のアンテナの角度が重要になってきます。

 

 

Wi-Fi中継機にはアンテナが付いています。

 

 

Wi-Fiを飛ばしたい方向にアンテナを向ける事が重要になってきます。

 

 

ただ、アンテナになってきますのでちょっとした向きや角度によってもWi-Fiの電波の安定具合などが変わってきます。

 

 

Wi-Fi中継機のアンテナ1つとっても気を付けることでWi-Fiの距離を伸ばすことが出来るので実施してみてください。

 

 

3.中継機の設置台数

最後のWi-Fi中継機のWi-Fiの距離を伸ばす方法としてはワイ中継機の設置台数を増やすことです。

 

 

これは、当たり前の方法になってきてしまいますが、Wi-Fi中継機を増やせば増やすほど、Wi-Fiの距離は伸びます。

 

 

Wi-Fi中継機を部屋ごとに設置するなどして、Wi-Fiの距離を物理的に増やして伸ばすことはよくある方法です。

 

 

ただ、Wi-Fi中継機を設置し過ぎるのは無駄になってしまうので、上手く距離をしっかり意識して台数を決めてください。

 

 

以上がWi-Fiの距離を伸ばす方法になります。

 

 

ただ、Wi-FiルーターがあってWi-Fi中継機を設置するのってお金的にももったいないですよね…

 

 

Wi-Fi中継機を買ったのに、設置場所もしっかり決めないといけないので大変です…

 

 

めんどくさい、お金を節約したいと考えているあなたに朗報です!

 

 

固定回線と同じ性能でWi-Fiの距離を気にする必要がない回線について紹介します!

 

 

BIGLOBEのWiMAX2+

それでは早速オススメの回線について紹介していきます。

 

 

今回オススメする回線はBIGLOBEのWiMAX2+になります!

 

 

このBIGLOBEのWiMAX2+はモバイルWi-Fiと呼ばれるもので、持ち運びが出来る大きさの端末1つだけでWi-Fiを使用することが出来ます!

 

 

持ち運びが出来る端末1つでWi-Fiを利用することが出来るということは、距離を気にする必要がないということです。

 

 

家で持ち運びながら移動すればいいのでかなり楽になりますよね。

 

 

さらに固定回線と同じ性能がWiMAX2+にはあります。

 

 

回線の最高速度が1Gbpsと光回線と同等の速度を発揮することが出来ます。

 

 

また、月に使用出来る容量も無制限となっているので全く固定回線と変わりませんね。

 

 

そんなWiMAX2+を紹介する記事のリンクを下記に貼り付けておきますので確認してみてください。

 

 

距離を気にしない【WiMAX2+】の詳細はコチラ⇒

 

 

いかがですか?

 

 

月の料金も3,980円と安いので、使いやすいと思います。

 

 

ぜひ、利用してみてはいかがでしょうか?

 

 

Wi-Fi中継機がいらない【WiMAX2+】の公式サイトはコチラ⇒

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました