Wi-Fi中継器を利用していると突然Wi-Fiが切れるのは何故?

Wi-Fi中継器
Pocket

Wi-Fiを利用していてWi-Fiが届かない場所ってありますよね?

 

 

届かない場所にもWi-Fiが届くようにするためにWi-Fi中継器が大変便利です。

 

 

Wi-Fi中継器を繋ぐことでWi-Fiが家中どこでも利用できるので、重宝している方も多いのではないのでしょうか?

 

 

そんな中、Wi-Fi中継器を利用したことでWi-Fiが切れることがあると聞いたことがあります。

 

 

本当にWi-Fi中継器が原因でWi-Fiが切れる現象が起きるのでしょうか?

 

 

早速、調査しましたので報告していきます。

 

 

Wi-Fiが切れる原因

それでは、早速Wi-Fi中継器を利用したことでWi-Fiが切れる原因になっているのか調査しました。

 

 

Wi-Fi中継器が原因でWi-Fiが切れる現象が発生することがわかりました!

 

 

Wi-Fi中継器が原因でWi-Fiの通信が不安定になって切れる現象が発生してしまうことがわかりました。

 

 

Wi-Fi中継器が原因として

 

 

1.Wi-Fi中継器の設置場所
2.電波干渉
3.周波数帯
4.Wi-Fi中継器が不安定

 

 

以上4つが原因として考えられます。

 

 

それぞれの原因について次から詳しく説明していきますので、ご覧になってください。

 

 

1.Wi-Fi中継器の設置場所

1つ目のWi-Fi中継器によってWi-Fiが切れる原因としてWi-Fi中継器の設置場所が考えられます。

 

 

Wi-Fiルーターでご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、電波を発している物の周りに障害物があると電波を遮ってしまいます。

 

 

Wi-Fi中継器も同じWi-Fiの電波を発する機械です。

 

 

Wi-Fi中継器を壁の周りに置いたり、物を周りに置いているとWi-FiルーターからのWi-Fiを受け取りにくくなったり、Wi-Fiの電波を発するときに阻害して通信が不安定になってしまいます。

 

 

もし、Wi-Fi中継器の周りに障害物を置いていたり、Wi-Fi中継器自体を壁の周りに置いていたりする場合は、置き場所を変更してみてください。

 

 

2.電波干渉

2つ目のWi-Fi中継器によってWi-Fiが切れる原因としては電波干渉が考えられます。

 

 

1つ目の原因と似ているのですが、Wi-Fi中継器の周りに電波を発する機械や家具と置いていませんか?

 

 

Wi-Fiルーターの周りに電波を発する機械や家具を置かないのと同じように、Wi-Fi中継器の周りも同じです。

 

 

Wi-Fi中継器の周りに電波を発生するものを置いてしまうと、Wi-Fiの電波と干渉してしまって不安定になってしまいます。

 

 

Wi-Fi中継器の周りに電波を発するものを置かないように気を付けてください。

 

 

3.周波数帯

3つ目のWi-Fi中継器によってWi-Fiが切れる原因として周波数帯が考えられます。

 

 

Wi-Fiの周波数帯として2.4Ghzと5Ghzがあります。

 

 

一般的には2.4Ghzの周波数帯を使用しています。

 

 

この2.4Ghzの周波数帯は電波干渉を起こしやすく、不安定になりやすいのが特徴です。

 

 

ただ、遠くまで届きやすい周波数帯となっています。

 

 

一方、5Ghzの周波数帯は電波干渉しにくいので通信が安定しています。

 

 

Wi-Fi中継器とそんなに距離が離れていないのに、通信が切れたり不安定の場合は周波数帯を変更してみてください。

 

 

4.Wi-Fi中継器が不安定

最後のWi-Fi中継器によってWi-Fiが切れる原因としてはWi-Fi中継器が不安定なことが考えられます。

 

 

Wi-Fi中継器は熱や湿気によって不安定になってしまうことがあります。

 

 

機械が熱を持っている状態だと動作が遅くなったりすることありますよね。

 

 

Wi-Fi中継器も熱が溜まってしまうと、動作が不安定になることでWi-Fiの電波も不安定になってしまいます。

 

 

Wi-Fi中継器を置く場所を換気の良い場所に置くことで、大幅に改善されるのでやってみてください。

 

 

以上が、Wi-Fi中継器によってWi-Fiが切れる原因です。

 

 

基本的にWi-Fi中継器に周りの障害物や置き場所に気を付けることが重要になってきます。

 

 

ただ、気を付けると言ってもなかなかレイアウトを変更することって難しいですよね…

 

 

そんなあなたのために、レイアウトを変更しないWi-Fi中継器を利用しなくていい回線を紹介したいと思います。

 

 

固定回線と同等の性能の回線になりますので、違和感なく利用できると思います。

 

 

BIGLOBEのWiMAX2+

それでは早速Wi-Fi中継器を利用しないでレイアウトを変更する必要がない回線を紹介していきます。

 

 

BIGLOBEのWiMAX2+が固定回線と同等の性能の回線となっています!

 

 

BIGLOBEのWiMAX2+はモバイルWi-Fiとなっており、端末1つでWi-Fiを利用することが出来ます。

 

 

つまり持ち運びが端末自体できるので、周りの障害物や電波を発する機械などを気にする必要がなくなります。

 

 

ポケットなどに入れていれば全く障害物を気にする必要がありません。

 

 

置く場所を気にする必要がないWiMAX2+ですが、性能も固定回線と同等となっています。

 

 

WiMAX2+の回線速度の最高速度は1Gbpsと光回線と変わらない性能となっています。

 

 

月の使用容量も無制限の利用し放題をとなっているので、家族でも好きなだけ利用できるのもポイントです。

 

 

そんなWiMAX2+のことをもっと知りたいと思った場合は下記のリンク先に記事を書いてありますのでご覧になってください。

 

 

Wi-Fi中継器が必要ない【WiMAX2+】の詳細はコチラ⇒

 

 

月の利用料金も3,980円と安いWiMAX2+。

 

 

利用したくなってきましたか?

 

 

持ち運び出来て置き場所を気にする必要がないということが大きなポイントです。

 

 

利用してみて性能を実感してみてください。

 

 

持ち運び可能な【WiMAX2+】の公式サイトはコチラ⇒

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました