最近Wi-Fiの速度が遅いと感じる?原因って何?

Wi-Fiルーター
Pocket

家でネットを使用する際、Wi-Fiを利用することがほとんどではありませんか?

 

 

今ではネットを使用する際はWi-Fiは切っても切れない関係になってきますよね。

 

 

そんなWi-Fiを利用しているときに、遅い現象が起きることがありますよね…

 

 

Wi-Fiが遅い現象が起きるとイライラしてきますよね…

 

 

 

そんな時に、Wi-Fiの遅い原因と解消したいと考えますよね。

 

 

Wi-Fiが遅い原因と解消したいと考えているあなたのために原因と解消できる対策を紹介していきます。

 

 

それでは早速紹介していきましょう!

 

 

Wi-Fiが遅い原因と対策

Wi-Fiが遅い原因と対策が気になっていると思います。

 

 

まずは、Wi-Fiが遅い原因について紹介していきます。

 

 

Wi-Fiが遅い原因としては大きくわけて5個あります!

 

 

Wi-Fiが遅い原因5つを下記に紹介します。

 

 

1.Wi-Fiルーターの距離
2.電波干渉
3.接続台数
4.ルーターの不調
5.混雑時間

 

 

5個もWi-Fiが遅い原因の可能性があるので結構多いですよね…

 

 

1個ずつ遅い原因と詳細に説明していきます。

 

 

1.Wi-Fiルーターとの距離

まず、Wi-Fiが遅い原因の1つとしてWi-Fiルーターとの距離が重要になってきます。

 

 

Wi-FiはWi-Fiルーターから発せられています。

 

 

そのWi-Fiルーターとの距離が問題があると、Wi-Fiの電波を上手く受け取ることができません。

 

 

Wi-Fiルーターとの間に様々な障害物があると電波を遮ってしまい、届くまでに最短距離ではないので時間がかかってしまいます。

 

 

そのため、Wi-Fiルーターとの間には出来る限り障害物を置かないようにするのがポイントです。

 

 

壁も周辺に無いほうがいいです。

 

 

もし、Wi-Fiが遅いと感じたら距離が原因かもしれないので、距離を意識した対策をしてみてください。

 

 

2.電波干渉

2つ目のWi-Fiが遅い原因としては電波干渉が考えられます。

 

 

電波干渉がどういった状況で発生するのか?

 

 

電波干渉が発生してWi-Fiが遅い現象が起こる原因としては、Wi-Fiルーターの周辺に電波を発生する家電があることです。

 

 

Wi-Fiルーターの周辺に電波を発生する家電があるとWi-Fiルーターが発生するWi-Fiの電波と干渉してしまいます。

 

 

電波干渉してしまうとWi-Fiの電波が届きにくくなってしまうので、Wi-Fiが遅い原因を引き起こしてしまいます。

 

 

対策としては、Wi-Fiルーターの周りに電波を発生するものを置かないということです。

 

 

Wi-Fiルーターの周りに電波を発生するものがあって遅い現象が発生している場合は、一度周辺に何も置かない対策をしてみてください。

 

 

3.接続台数

3つ目のWi-Fiが遅い原因として考えられるのが接続台数になります。

 

 

Wi-Fiルーターには最大接続台数が決まっています。

 

 

Wi-Fiルーターの最大接続台数は一般的に10台~15台となっています。

 

 

最大接続台数は決まっていますので、それを超えた台数を接続してしまうと性能が落ちてしまうので、Wi-Fiが遅い原因となってしまいます。

 

 

最近の家電はWi-Fi接続して利用することが多くなってきましたので、気を付けてください。

 

 

もし、Wi-Fiに自動接続してしまう家電を数多く持っており、Wi-Fiが遅い場合はどれだけ接続しているか確認してみてください。

 

 

4.ルーターの不調

4つの目のWi-Fiが遅い原因としてはWi-Fiルーターの不調が考えられます。

 

 

Wi-Fiルーターは熱がこもっていると性能が低下してしまいます。

 

 

また、湿気にも弱いので注意が必要です。

 

 

Wi-Fiルーターを置く位置としては、通気性の良い場所に置くことが重要です。

 

 

もし、Wi-Fiルーターが不調だなと感じた場合は一度再起動してみると改善される場合があります。

 

 

5.混雑時間

最後のWi-Fiが遅い原因として混雑時間が影響していることがあります。

 

 

大元の回線の能力になりますが、夜など皆さんが帰宅して家でのんびりしている時間帯などは接続する方が急激に増えます。

 

 

そのため、回線に負担がかかりWi-Fiが遅い原因となってしまいます。

 

 

もし、夜Wi-Fiが遅いと感じる場合は一度利用の時間をずらすのも1つの対策となります。

 

 

以上が、Wi-Fiが遅い原因と対策になってきます。

 

 

原因と対策からまとめると

 

 

Wi-Fiルーターの置き場所と気を付ける!

 

 

ということになります。

 

 

ただ、置き場所を変更したりするのは大変ですよね…

 

 

置き場所を気にせず、回線速度が速い回線を利用したいですよね…

 

 

そんな回線を次に紹介してきたいと思います。

 

 

BIGLOBEのWiMAX2+

それでは早速置き場所を気にせず、回線速度が速い回線を紹介していきます。

 

 

オススメする回線はBIGLOBEのWiMAX2+になります!

 

 

この回線はどこでも持ち運びすることができるモバイルWi-Fiとなっています。

 

 

どこでも持ち運びが出来るということは、常に持ち運んでおけば置き場所を気にする必要がないということです。

 

 

仮に置く場合でも、家の真ん中に置けば障害物が周りにないのでWi-Fiを安定して受け取ることが出来ます。

 

 

また、気になる回線の速度も光回線とほぼ同等で最高速度が1Gbpsとなっています。

 

 

置き場所を気にせず、固定回線と同等の速度を持っていることがわかりますよね!

 

 

そんなWiMAX2+のことについてもっと詳しく知りたいと思いませんか?

 

 

下記のリンクにWiMAX2+について詳しく紹介した記事を貼り付けておきます。

 

 

置き場所を気にしない【WiMAX2+】の詳細はコチラ⇒

 

 

ただ、WiMAX2+を利用するにあたって月額の料金って気になりますよね?

 

 

WiMAX2+の月額料金は3,980円となっています!

 

 

固定回線よりは安い月額料金となっていますので、回線を入れ替えるのも良いと思います。

 

 

ぜひ、便利なモバイルWi-Fiとなっていますので、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか?

 

 

固定回線と同じ回線速度の【WiMAX2+】の公式サイトはコチラ⇒

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました