高機能・格安ステップメール配信システム MTSプロ  

<< 前のページに戻る

迷惑メールとされないために

以下のようなメールはYahoo!メールやGmail等で迷惑メールと判定されることが多いです。
そのようなことのないよう、以下事項を守ってメール配信なさるようしてください。

送信者情報について

発行者メールアドレスとしてYahoo!メールやGmailのメールアドレスを利用しない

発行者メールアドレスとして
Yahoo!メールやGmailといったフリーメールアドレスを利用すると、
迷惑メールと判定されることが多いです。

⇒プロバイダーのメールアドレスや独自ドメインのメールアドレスを利用しましょう。

発行者名を詐称しない

ありもしない団体の名前を発行者名としたり、
既存の個人・法人になりすました名称を使ったりすると、
迷惑メールと判定されることが多いです。

⇒正しい氏名・名称を利用しましょう。

メールの内容について

Bitly等のURL短縮サービスを利用しない

メール文中に
http://bit.ly/INPsu
のような短縮URLがあるだけで
迷惑メールと判定されることが多いです。

⇒URLを短縮したい場合は、MTSプロのクリックカウンターを使うか、
 ご自分のサーバーにインストールして利用するような短縮URLサービスを利用しましょう。

迷惑と判定されそうな文言を使わない

「バイアグラ」「夜の生活」「無修正」「簡単に稼げます」
といった、いかにも迷惑メールにありそうな文言がメール中に書かれている場合、
迷惑メールと判定されることが多いです。

⇒このような文言は件名、文中に使わないようにしましょう。

怪しいサイトのURLを記載しない

怪しげなアダルトサイト、問題ある情報商材の販売サイト等のURLがメール中に書かれている場合、
迷惑メールと判定されることが多いです。

⇒このようなURLは書かないようにしましょう。
 予防策として、必要のないURLはできるだけ記載しない、というのも有効です。