フレッツ光って違約金が発生するって本当?調べてみました!

フレッツ光
Pocket

固定回線で人気No.3に入るフレッツ光を使用している方は多いのではないのでしょうか?

 

 

また、利用を検討されている方もいらっしゃると思います。

 

 

あなたもそんな一人ではありませか?

 

 

フレッツ光を検討している中で、もし今の住んでいるところにフレッツ光が合わなくて解約する可能性というのも考えていると思います。

 

 

解約を実際にした場合に、違約金をいくら支払わなければならないのか気になりますよね?

 

 

そんなあなたのために

・違約金が発生するのか?
・発生する際は違約金はいくらなのか?

 

 

について調査を実施しました。

 

 

ぜひ、ご覧になってください!

 

 

フレッツ光は違約金が発生する

フレッツ光が違約金の発生の有無について早速調査しました!

 

 

結果としては、フレッツ光は違約金が発生します!

 

 

残念ですが、やはり発生してしまうことがわかりました。

 

 

契約の最中に解約するので、違約金が発生するのはしょうがないことです。

 

 

ただ、そんな違約金ですがいくらなのか気になりますよね?

 

 

大きく分けて違約金は

 

 

・契約期間での解約金
・工事費の残り金
・プロパイダとの解約金

 

 

上記3つが発生してきます。

 

 

また、住んでいる地域によっても条件や金額等が変わってくることがわかりました。

 

 

次に、料金について地域毎で見ていきましょう!

 

 

フレッツ光の違約金の値段

フレッツ光は違約金が発生することがわかりました。

 

 

そして、地域によって金額や条件などが変わってくることもわかりました。

 

 

地域は大きく分けて2つで、NTT東日本とNTT西日本のエリアで異なります。

 

 

 

NTTのホームページでエリアの紹介をしていたので、参考にしてください。

 

 

フレッツ光はNTTが提供しているのでこのような形になっています。

 

 

それでは、早速地域毎に見ていきましょう!

 

 

NTT東日本のエリアの違約金

まずは、NTT東日本のエリアでの違約金になります。

 

 

早速、違約金の条件と発生費用についてみていきます。

 

 

〇にねん割の違約金

まず1つ目に発生する可能性があるのが、にねん割というプランの違約金になります。

 

 

このにねん割は2年単位での契約となっており、月額利用料を割り引くことが出来るプランになっています。

 

 

安くなるプランですので、契約されている方は入っている方も多いのではと思います。

 

 

このプランに入っている方は、

更新月(利用期間満了月の翌月と翌々月)以外で解約された場合に、違約金が発生します!

 

 

その金額は1戸建てでは10,450円、集合住宅では1,650円となっています。

 

 

更新月に上手く解約すれば費用は発生しません。

 

 

また、プランを申し込みしていなければこちらも発生しません。

 

 

では、次の発生する料金です!

 

 

〇初期工事費用

後1つ発生する違約金としては、初期工事費用になります。

 

 

ただ、これは契約時に工事費用を分割払いで払っている方のみに発生する費用です!

 

 

1活払いで払っていれば発生しません!

 

 

以上がNTT東日本で発生する違約金になります。

 

 

次に、NTT西日本で発生する違約金を紹介します!

 

 

〇2年割り+光はじめ割り

NTT西日本にも2年割がありますが、それにプラスして光はじめ割りというプランもあります。

 

 

まず2年割り関しては、東日本と条件は同じです。

 

 

ただ、金額が異なっており

 

 

・1戸建て…2,400円
・集合住宅…1,200円

 

 

になります。

 

 

これに2年以内に解約すると別に5,000円違約金が発生します。

 

 

さらに光はじめ割を利用されていると

 

 

・1戸建て…10,000円
・集合住宅…7,000円

 

 

といった料金が発生します。

 

 

更新月以外で解約しないことをオススメします。

 

 

〇工事費用

続いて初期工事費用になります。

 

 

これもNTT東日本と同じで分割払いに設定した方のみ残りの金額を支払うことになります。

 

 

以上が、NTT東日本と西日本での違いになります。

 

 

では最後にプロパイダでの違約金の違いがありますので、紹介っします。

 

 

プロパイダでの違約金の違い

それでは、早速プロパイダでの違約金の違いについて紹介します。

 

 

フレッツ光のプロパイダはホームページに4種類記載されていました。

 

 

その4種類の違約金を紹介します。

 

契約期間 違約金
OCN 2年 5,000円
BIGLOBE 2年 10,000円
Yahoo!BB 2年 5,000円
楽天 2年 10,000円

 

 

残念ながらどこのプロパイダも2年契約で違約金が発生します。

 

 

ただ、どれも

更新月以外で解約された場合のみ違約金が発生します!

 

 

結果として、違約金は更新月に解約すれば発生しないことがわかりました。

 

 

ただ、2年間利用は必須になってきます…

 

 

デメリットとしては、他の回線に変更することが出来ないので、通信速度を改善したい場合出来ないことです。

 

 

ただ、メリットとしては利用料金が安いことです。

 

 

そのメリットを簡単に紹介します。

 

 

フレッツ光の利用料金

それでは、フレッツ光のメリットである月の利用料金の安さを紹介します。

 

 

・1戸建て…5,720円
・集合住宅…3,355円

 

 

集合住宅だとポケットWi-Fiと同等かそれ以下の安さになっています。

 

 

家計に負担なく使用することが出来るので嬉しいですね。

 

 

速度も安定しており、最大速度も1Gbpsあるので他の固定回線と同等です。

 

 

ただ、お試しできないのはちょっと嫌ですよね…

 

 

そんな、あなたのためにお試し出来る回線を紹介します。

 

 

SAKURA wifiがオススメ

オススメする回線を紹介します。

 

 

それは、ポケットWi-FiのSAKURA wifiになります!

 

 

月額利用料金は3,680円で、初期工事費用などもかかりません。

 

 

全額返金保証があるので、お試しすることが出来ます。

 

 

月の使用量も100GBも使用出来ます。

 

 

ポケットWi-Fiなので、どこでも持ち運びが出来て、大変便利です。

 

 

SAKURA wifiの紹介は下記のリンクで行っていますので、参考にしてみてください。

 

 

3週間無料でお試しが出来る【SAKURA wifi】の説明サイトはコチラ⇒

 

 

ポケットWi-Fiは固定回線と変わらない性能で大変有効活用できますので、お試ししてみてください!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました