フリーWi-Fiの危険性を調査!本当に危険なの?

フリーWi-Fi
Pocket

今ではカフェや公共施設など多くの場所で利用できるフリーWi-Fi。

 

 

あなたもフリーWi-Fiを一度は使用したことがあるのではないでしょうか?

 

 

フリーWi-Fiは通信量を使用しないので大変便利です。

 

 

ただ、便利な反面フリーWi-Fiは危険性もあると言われています!

 

 

 

では、本当にフリーWi-Fiは危険性があるのでしょうか?

 

 

調査したので、早速フリーWi-Fiの危険性について紹介していきます。

 

 

フリーWi-Fiの危険性

フリーWi-Fiの危険性について早速調査しました。

 

 

フリーWi-Fiに危険性はあることがわかりました!

 

 

よく耳にする危険性があるということが調査して改めて実感することになりました。

 

 

では、フリーWi-Fiはどういう部分が危険性があるのか?

 

 

〇盗聴・個人情報の閲覧
〇端末の乗っ取り

 

 

大きくわけて上記の2つが危険性として考えられます。

 

 

どちらも危険ですよね…

 

 

では、詳しく危険性について紹介していきます。

 

 

盗聴・個人情報の閲覧

フリーWi-Fiに接続すると盗聴・個人情報の閲覧をされてしまう危険性があります。

 

 

フリーWi-Fiは暗号化されていません。

 

 

暗号化されていないといううことは通信内容も暗号化されていません。

 

 

普通通信内容は暗号化されているのですが、暗号化されていないとサイトの履歴やメールの内容など、同じフリーWi-Fiに接続している人が簡単に閲覧することが出来ます。

 

 

さらに、そこからウイルスに感染させるようとメールなどの手を使ってすることも出来ますので大変危険です。

 

 

これが1つ目の危険性です。

 

 

端末の乗っ取り

もう1つの危険性が端末の乗っ取りです。

 

 

よくある手口として、正規のフリーWi-Fiと同じ名前のネットワークのアクセスポイントを作ります。

 

 

それに気づかず、アクセスポイントに接続したことで端末に侵入されて乗っ取られる、情報を抜き取られるなどの問題が発生してしまいます。

 

 

同じ名前のアクセスポイントだと気づかないので、巧妙な手口ですよね…

 

 

以上がフリーWi-Fiにつなぐ危険性についてになります。

 

 

では、それでもフリーWi-Fiに繋いで通信量を節約したい方もいらっしゃいますよね。

 

 

そんな方のためにフリーWi-Fiを使用時に気を付けるポイントを紹介します。

 

 

フリーWi-Fiを使用時のポイント

先ほどフリーWi-Fiの危険性について紹介しました。

 

 

では、危険を少しでも回避するポイントについて紹介していきます。

 

 

〇暗号化されているフリーWi-Fiの使用
〇自動接続の設定
〇セキュリティソフトの導入

 

 

この3点になります。

 

 

早速、それぞれの対策について紹介していきます。

 

 

暗号化されているフリーWi-Fiの使用

まず1つ目は暗号化されているフリーWi-Fiの使用になります。

 

 

フリーWi-Fiを利用する際にパスワードを入力する必要があるWi-Fiがありますよね。

 

 

鍵マークがついているネットワークになります。

 

 

この鍵マークが付いているWi-Fiを利用すれば安心です。

 

 

ただ、「WEP」「WPA」「WPA2」と暗号にも種類があり、「WEP」の暗号化はセキュリティのレベルが低いので接続するのは止めてください。

 

 

Wi-Fiのネットワークの名前の下に暗号化の種類が書かれているので、確認することをオススメします。

 

 

自動接続の設定

2つ目はWi-Fiの自動接続の設定です。

 

 

Wi-Fiの自動設定をONにした状態になっていると、同じネットワーク名のなりすましのアクセスポイントに自動接続してしまう可能性があります。

 

 

自動接続ONの設定をOFFにする対策を実施していれば問題ありません。

 

 

設定で確認できるので、ぜひ自動接続について確認をしておいてください。

 

 

セキュリティソフトの導入

最後の対策としてはセキュリティソフトの導入になります。

 

 

ウイルスバスターが有名ですが、セキュリティソフトを導入することで、通信を暗号化してくれるVPNを利用することができます。

 

 

フリーWi-Fiを利用してもVPNを設定していれば、通信は暗号化されるので安全性が上がります。

 

 

セキュリティソフトには基本的に付いているものなので、しっかりとしたセキュリティソフトを導入することをオススメします。

 

 

以上が、フリーWi-Fiの危険性の対策を紹介しました。

 

 

ただ、対策をしてもフリーWi-Fiの危険性は変わりません!

 

 

フリーWi-Fiみたいにどこでも安定した通信を利用したいですよね。

 

 

さらに、通信量も気にせずに使用したいと思います。

 

 

そんなあなたのために無制限でどこでも利用できる回線を紹介します。

 

 

WiMAX2+

フリーWi-Fiの危険性について紹介してきました。

 

 

そんなフリーWi-Fiのように無制限で利用できる回線を紹介します。

 

 

モバイルWi-FiのWiMAX2+が容量無制限で利用できます!

 

 

さらにWiMAX2+は通信速度が1Gbpsと圧倒的にフリーWi-Fiより速い速度を出すことができます。

 

 

容量無制限で回線速度が速いのでフリーWi-Fiより圧倒的に性能は高いです。

 

 

このWiMAX2+はなんと月額3,980円でずっと利用することが出来ます。

 

 

3,980円でカフェや公共施設などお出かけしているときに容量を気にせずに快適な速度でネットを利用することが出来ます。

 

 

お出かけしている際にいちいちフリーWi-Fiを探して、接続してという手間が必要ありません!

 

 

そんなWiMAX2+について詳しく知りたい方は下記のリンクに紹介している記事がありますので、ご覧になってください。

 

 

最高速度1Gbpsの【WiMAX2+】の詳しい説明はコチラ⇒

 

 

待ち合わせや移動時間などスマホをいじっていることが多いと思います。

 

 

WiMAX2+を利用すれば動画やゲームやネット検索をしているときに、速度が遅くてイライラする必要がありません。

 

 

容量も気にせず安全に利用することができます。

 

 

ぜひフリーWi-Fiより安全で速度が速いWiMAX2+をぜひ利用してみてください!

 

 

容量無制限の【WiMAX2+】の公式サイトはコチラ⇒

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました